介護休業による補助金の給付

2週間以上に渡って、家族を介護するために仕事を休む場合は、介護休業給付金が受けられます。
この補助金の制度は雇用保険によるもので、パート勤務であっても、対象条件を満たせば受ける事ができます。
給付の条件には、介護対象者との間柄や、雇用保険の加入歴、収入の有無などがあります。
また事業主に、休業の理由と開始・終了日を伝えておく必要もあります。
支給額は休業1日につき、休業開始時の賃金日額の40%です。
支給される時期は、事業主が届け出を行ってから、7か月以内とされています。
支給対象となる期間は、休業開始日から最長3カ月までで、家族1人の介護につき、1回までとされています。
申請する場合は、勤務先に書類を提出し、休業を申し出ます。
その後、事業主がハローワークに申請をしてくれます。